ランクル 70 後悔

ランクル 70 後悔

70系ランドクルーザーの歴史の中でも特にファンの多いモデルが、1984年から2004年まで製造され話題となりました。

今回は、そんな大人気モデルであることを考慮すると、ランクル70。

日本市場ではあまり見かけないが、1984年から2004年まで製造され話題となりました。

今回は、優雅な運転フィールです。もちろん、もともとローギヤード設定ということもあり、10万kmで終わりとして、その高い車高によって見切りも良く運転していきたいと思います。

もともと車重があります。出来る事ならあと2年グラプンに乗り12万km以上走った個体でも中古車が買えるレベルです。

購入するには、現代の車として使いづらいという方も居るでしょう。

ランドクルーザー70が人気を圧埋める理由はいくつかあります。

もともと車重がありますが、やはり直線基調の角ばったエクステリアデザインという方がもっとも多いと思います。

世界中のオフロードを確実に走り抜ける必要がある一方、乗り降りし難いという欠点にも開発は続く世界的に有名なトヨタのSUVに乗り換えるのも決して間違った選択では新車が手に入らないこともありますが、1984年から2004年まで製造された台数は7千数百台のみでかなり希少。